top of page

UnityでZPETOのワールドを作ってみる Vol.01 環境構築編

教室に通われている会員様より、「Unity を使ってZEPETO(ゼペット)というアプリのワールドを作りたい」とのご相談を頂きました。

そもそもZEPETOってなに・・・?私もご相談を頂くまでは全くわかりませんでした。


簡潔に説明すると、今話題のメタバースの世界で、自分のアバターを使って世界中のユーザーとコミュニケーションをすることができるアプリ、そんなところでしょうか? それで、そのZEPETOのユーザーが集まる空間(ワールド)は、通常ZEPETOの「Build it 」というアプリを使って作ることができるようですが、どうやらリアリティーがないようです。確かに、、、。 ということで、会員様はUnityでワールドを作りたい、ということでした。


早速調査をしてみましたが、UnityとZEPETOのに関する記事がなんとも少なく、手探りで進めている状況です。 備忘録も兼ねて、調査、実践の記録をまとめてみました。


1,Unityの環境構築


1.1 Unityバージョンとテンプレートダウンロード


まずはUnity側の環境構築、ZEPETOの公式サイトには次のメッセージが。

"ZEPETOワールドは、Unity2020.3.9f1バージョンでのみ開発可能です。"

ということでまずは、ウンロードサイト からバージョン Unity2020.3.9f1 を検索し、ダウンロードとインストール。


続いてZEPETOワールドテンプレートを次のリンクからダウンロードします。 ZEPETO World Template Installer( https://upm.ZEPETO.run/setup/package)

「ZEPETO.World」というファイルがダウンロードされるので、任意の場所に保存しておきましょう。これはこの後すぐに使います。


1.2 Unityバージョンとテンプレートダウンロード


続いて取り込んだテンプレートを取り込みます。取り込むために、いったんサンプルプロジェクトを作成します。 エディターバージョン:2020.3.9f1 テンプレート:3D プロジェクト名と場所:任意


準備ができたら「プロジェクトを作成」ボタンを押します。


プロジェクトが立ち上がったら上部メニューの「Asset」から「import Package」⇒「Custom Package」を選択、直前にダウンロードした「ZEPETO.World」を取り込みます。


インポートされるのは、「ZEPETO.INITIALIZER.cs」というファイル1つだけの様です。チェックが付いているのを確認して、右下の「import」をクリック。


インポートが完了すると下のメッセージが表示されるので「Close」を押して作業完了です。


これで作業は完了です。

次回はいよいよプロジェクトの作成です。


ファイブボックスでは実際に通って頂いての授業の他、ちょっとしたお困りごとに対するオンライン授業やオンラインサポートも行っております。 お困りごとのある方、ご興味がある方は、ぜひお問い合わせください。 お問い合わせは こちら から。 体験授業のお申込みは こちら から。

Comments


ファイブボックス 上田教室

bottom of page