Unityで作った作品をWebサイトに埋め込んでみる Vol.02

前回に引き続き、自分自身で作ったゲームや作品をWbeサイトで共有する方法。主な方法は次の3つ


  1. 自身が管理するWebサイトで公開する

  2. Unity公式の作品共有サイト「Unity Play」で公開する

  3. Unity投稿サイト「Unity room」で公開する

今回は2番目、Unityの公式アプリ「Unity Play」を使って公開する方法をご紹介します。この方法は比較的有名で、記事にしている方も多いようですがもしよければご覧ください。


クリックでフィッシングゲーム開始

Untiyで作ったフィッシングゲームをUnityPlayで実行

では早速作り方のご紹介

1,UnityでBuild

Webで公開する時と同様、UnityPlay用にBuildする必要があります。

1.1 環境構築

UnityPlay 様にBuildするためには、「WebGL Build Support」というモジュールが必要です。Unityハブから下の要領で「WebGL Build Support」を追加します。

「インストールメニュー」で全てを選択、対象のバージョンの右にある歯車アイコンから「モジュールを加える」を選択


「WebGL Build Support」にチェックを入れて、右下の「インストール」をクリック


Unityのエディターを立ち上げ、上部メニューの「Window」から「Package Manager」を選択。

表示されたメニューの左側で「WebGLPublisher」を選択し、右下の「インストール」を押します。


これで環境構築は完了です。

1.2 Unityでbuild

Buildはとても簡単です。環境構築が完了すれば、上部メニューに「Publish」というメニューが表示されるので、それを選択「WebGL Project」をクリック。


下の「Build and Publish」を選択すると保存場所を聞いてくるので、任意のフォルダを指定、または作成して「フォルダの選択」をクリック。


Build と Publish が完了すると、下のメッセージが表示され、指定したフォルダにファイル群が生成されます。同時に「connectwebgl.zip」というZipファイルも生成されます。


これでUnity側の作業は完了です。

2,UnityPlay に登録

2.1 ログインと登録

新たなゲームを登録する際は、これだけでゲームが登録されます。

操作説明やサムネール、タグなど必要事項を記載して登録ボタンを押すだけ。とても簡単に登録ができます。


2.2 再登録する方法

https://play.unity.com/ から、UnityPlayのサイトにログインしておきます。


上部メニューの「Post」を選択


「Build and Publish」で生成された Zipファイルを登録し、後は上の流れ同様、ゲーム説明、サムネイルなどを登録して「Save」ボタンを押すだけです。

これでUnityPlayでの登録方法の説明は完了、この記事のテーマのWebサイトに埋め込む、という流れからはちょっと外れているかもしれませんが、工夫次第でうまく見せることができそうです。

次回はUnityRoomでの登録方法です。


最新記事

すべて表示

ファイブボックス 上田教室