top of page

Unityで「シューティングゲーム」をつくろう!Vol.18

前回までで、敵1、敵2、いわゆる「ザコキャラ」の動きが完成しました。今回から中ボスの作成に入っていきます。中ボスからは、いくつかのザコキャラを発生させたいと思いますが、今回行うのは次の2つ。

1,中ボス本体と、タレットの作成の外見の作成とコンポーネントの追加

2,タレットの基本的な動きと攻撃


では早速作っていきます。

 

1,中ボスの作成

中ボスには「Station1」という画像を使います。

①いつもの場所から素材を持ってきて、Hierarchyにドラッグ&ドロップします。

②中ボスは大きくし、ダイナミックに動かしたいので、「Station1」の元素材を選択、Inspectorを表示させ、「Pixels Per Unit」を10にしておきましょう。

右下の「Apply」ボタンを押して変更を反映させます。

③Hierarchy上の取り込んだオブジェクトを選択し、名前を「EnemyStationA」に変更します。

Tagには「Enemy」をセットしておきましょう。


④Transformコンポーネントでは、

「position」をいったん場所を(-10,0,0)など適当な場所に指定し、見えやすいようにしておきます。

「Rotation」ではZ軸を中心に180度回転させ、反対向きにしておきます。


⑤レイヤーですが、Enemyより下に配置したいと思います。事前に「EnemyStation」という Layer を作っておき、SpriteRenderer の[Sorting Layer]で作成した「EnemyStation」をセットします。

いつものように新たに2つのコンポーネントを追加します。


⑥まずはコライダーですが、この「EnemyStationA」は特殊な形をしているので、「Polygon Collider 2D」コンポーネントを使用します。セット後下のようにコライダーの形を調整しましょう。

[IsTrigger]にはいつもの通り、チェックを入れて、侵入判定用にしておきます。


⑦「Rigidbody2Dコンポーネント」を追加し、[Garvity Scale]を 0 にしておきます。

これで中ボス本体の設定は完成です。続いて、中ボスのタレットを作っていきます。ここから中ボスのミサイルが発射されるわけですが、次の条件で作成したいと思います。

条件1:タレットは3つ。

条件2:それぞれHPを持ち、HPが0になったら破壊されて、攻撃ができなくなる。

条件3:ぐるぐる回りながら乱数秒に1度、ミサイルを発射する


⑧まずはタレットを選択します。いつもの場所から「Turret Large1」というものを選択し、「EnemyStationA」にドラッグ&ドロップ、「EnemyStationA」の子要素として配置します。


⑨元の素材を選択し、Inspectorを表示させ、「Pixels Per Unit」を20に変更後、右下の「Apply」ボタンを押して変更を反映させます。

⑩オブジェクトの名前を「Turret Large Right」に変更。

Tagには「Enemy」をセットします。


⑪Transformコンポーネントは、親要素に対して相対的な値になります。

[Position]は下のように(3.4,2.3,0)に指定、これで画像のちょうどでっぱりの上に配置されます。


⑫[SortingLayer]には「Enemy」をセットします。


⑬「CircleCollider2D」を追加し、コライダーの大きさを調整します。

[IsTrigger]にはチェックを入れて、侵入判定にします。


⑭「Rigidbody2D」では[Gravity Scale]をいつもの通り0にして、重力の影響を受けないようにしておきましょう。

これでいったん、タレットの準備が整いましたので、プログラムを記述していきましょう。

[02_Script]フォルダで、[EnemyStationATurret]という名前のスクリプトファイルを作成します。


ちょっと長くなりそうなので、今回はここまでにしておきます。


 

教室では実際に通って頂いての授業の他、ちょっとしたお困りごとに対するオンライン授業やオンラインサポートも行っております。

お困りごとのある方、ご興味がある方は、ぜひお問い合わせください。


お問い合わせは こちら から。

体験授業のお申込みは こちら から。


過去の作品はこちらから。

Vol.01~Vol.10 は下のVol.11 文末のリンクからどうぞ

最新記事

すべて表示

Comentarios


ファイブボックス 上田教室

bottom of page