【SEO対策奮闘記 Vol.03】Googleコアアルゴリズムアップデート発生

 SEO対策を本格的に行ってから1か月以上たつが、なかなか思うように順位が上がらないもんですねぇ。結果出るまでには当然時間はかかりますし、対策を行っているのは当HPだけではありません。外部環境や検索のアルゴリズム変更なども影響してきますので、できることをコツコツ続けることが重要です。


 まずはここ2週間の結果から

「パソコン教室 上田市」

 Google検索順位で、一時5位まで上昇していたランキングですが、11月後半には7位に後退、さらに12月3日に8位まで後退、12月11日までその状態が継続していました。

 12月12日にはそれが6位まで回復しています。


「プログラミング教室 上田市」

11月20日頃に一時1位までランクを上げておりましたが、11月28日に2位に転落。本日12月13日までその状態が続いています。他の検索サイトも含め、この期間は全く変動なしです。

外部環境の変化


前回、タイトルが突然変わったという記事を掲載しました。タイトル文字数を圧縮し、タイトルが無事回復、それで直ったと思い安心していたところ、11月下旬に再度同じ事象が発生しまして・・・。その際、Title 部分や Description 部分もドラスティックに修正を行ってみました。それが影響していたのかしていないのかわかりませんが、そのタイミングで検索順位を落としてしまっております。2,3日この修正等に時間を費やしましたが、当然すぐに検索順位が戻ることもなく、むしろ徐々にランクを下げる傾向が見られました。

 ということで、今回の気づき(あくまで体感です)

  1. Title と Description は検索結果に影響を与える

  2. Title と Description は修正しても、すぐに検索結果のプラスに反映することはなく、むしろ一時的にはマイナス要因に働く


 期間中のもう一つの大きな動きとして、「Google コアアルゴリズムアップデート」です。日本時間の12月3日にこのコアアルゴリズムアップデートが行われたようです。影響は小さいと予測されていましたが、一部の検証では5月のアップデートよりも大きな影響が出ているとの報告もあります。当HPには大きな影響は出ませんでしたが、そのタイミングで「パソコン教室 上田市」の検索順位は7位から8位に1ランク順位を落としています。「オンライン」に関する検索順位も30位程度のランクから圏外へとランクを下げる結果となりました。

 今回のコアアルゴリズムアップデート、詳細に関してまだ情報を収集できていないので、影響も推測にすぎませんが、若干の影響を受けたのではないかと感じております。

実施項目

今回行った対策は、以下の項目です。


1,タイトルとディスクリプションの修正

 前述した通り一部ページの「タイトル名」が変わってしまったため、全面的に見直しています。ディスクリプションに関しては、今まで欲張って多くの情報を乗せすぎていましたが、なるべく推奨された文字数以内に収まるように改修してみました。


2,ブログの追加

 ブログは作成するのに時間も手間もかかります。しかしブログの記事数が増えることで、確実にアクセス数は伸びていきますよね。SEO対策もさることながら、アクセス数を伸ばすことは、多くの方の目に触れる機会も増えるということ。オンライン授業を行っている当教室にとっては、母数を増やすことは、そこからのアクセスの機会も増える・・・かも。

 ということで、なるべく頻繁にブログを更新していきたいと思います。


3,ページURLの修正

 検索順位決定のアルゴリズムには数百の項目があるといわれています。その中の一つとしてページurlに検索対象のワードと関連のあるワードを織り込む、というものがあります。今まであまり意識していなかったこの部分を変更してみました。

 ページurlを変えると、今まで蓄積してきたそのページの検索内容、信頼性がリセットされてしまいます。これは「301 リダイレクト」という機能を使って、以前のurlを引き継ぐことができます。ページのurl変更に対して自動でページ遷移を行うこの「301リダイレクト」は、恒久的な移動(転送)の意味を持ちます。元のサイトが蓄積してきた資産が引き継がれることになります。

 しかしすべてが引き継がれるわけではないようで、ドメスティックに修正するにはリスクがありそうです。今回はまず1ページ、ユニティーのサイトをもとのurl(https://www.fivebox.info/blank-2)から新しいurl(https://www.fivebox.info/unity)に変更しました。


最新記事

すべて表示

ファイブボックス 上田教室